Profile

朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい
  • 朝倉 まい

Adaptable event 適応可能イベント

70分
15,400円(税込)
85分
17,600円(税込)
100分
22,000円(税込)
130分
29,700円(税込)
160分
35,200円(税込)
190分
44,000円(税込)
梅
朝倉 まい(27)
T155 B83(D) W56 H85

Option 点灯中のアイコンは可能オプション

  • コスプレ
  • ローター
  • 脱ぎたてパンティー
  • パンスト
  • バイブ
  • 電マ
  • ごっくん
  • 聖水
  • 顔射
  • 写メ撮影
  • オナニー鑑賞
  • ノーパン&ノーブラ
  • 手足枷・アイマスク
  • 即尺
  • AF

Q&A

指名料 /
0円
職業 /
秘密♡
好きな男性のタイプ /
思いやりのある方
チャームポイント /
髪・笑顔
初体験 /
18歳…あまり覚えてないです
初体験の場所 /
趣味 /
クラリネット、読書
性感帯 /
背中・太もも・クリ
好きな体位 /
得意プレイ /
心も身体も癒してあげること

Comment

記入された面接用紙を見ながら… イ「珍しい表現が多いですね」 ま「そうなんです、直接的じゃなくて印象を残したくて」 イ「先端の花びら…官能小説風…」 ま「プロフィールも官能小説風でお願いします\\\\٩( ''''''''ω'''''''' )و ////」 イ「無茶言うー_φ(・_・」 ま「イッシーさんなら大丈夫( ^∀^)」 イ「意外とグイグイ来ますね」 冒頭からなんやと思われた方も多いでしょうが、ノーヒントでいきなり官能小説風の紹介文に変わったら???となるはずなので経緯だけご理解お願いします。 面接が終わり女性の印象を端的にまとめるとすれば… ・お顔立ち整った美人 ・頭の回転が非常に速い ・性格も明るい ・勉強家で自分に厳しい 風俗業界にはあまりいないタイプであり、自分で集客・マーケティングなどを考え行動に変えていくというある意味、特殊タイプとなります。 仰々しく記載してはいますが、実際に話していても経営サイトの思考の持ち主にもなりますので、お店の長と呼ばれる方であれば自分の経験や経営者としとの考えなどを共有し、吸収してくれるので、話していてこれ以上ない楽しみを得られることでしょう。 また、その部分に注視してしまうと顧客満足度が落ちることも理解されており、あくまで会話はピロートークで楽しもうという気遣いが感じられます なんでこんなにイイオンナが…と思う方もこれからドンドン増えてくることでしょう。そう断言できるほど、彼女の佇まい、知性の高さ、品の良さは言葉では言い表せないほどオーラという形で滲み出ているのである  ※頭がいい女性に対して尻込みする そういった男性も少なくはないであろう。男性という生き物はプライドの塊…自分よりも優れた遺伝子を持つ女性が目の前にいると、いかに自分が素晴らしい男性かを虚勢してしまい、自ずと雰囲気が悪くなる可能性が出てきてしまう。しかし安心して欲しい…  ※そこを男性を立てる気立ての良さ こちらを彼女は当たり前のスキルとして持ち合わせており、女性本来が持ち合わせる、場の空気に溶け込み、話す度に気持ちよくさせる術に関しては、僕も面接中にこの現象に見舞われ、緊張よりも居心地の良さが圧倒的に支配された空間がそこにはあった。 しかし、会話だけでは終わらない…  ※成長するエロス おそらく、ここが彼女の1番の特徴で間違いないであろう。まだ20代後半という性の階段を2合目にも達しているかわかるない若輩者とは思えない…  【圧巻の本気イキ】  【音量大きめの喘ぎ声】 視覚と聴覚を大胆に刺激するその乱れた姿には、先程まで自分では手の届かないと思っていた女性と同一人物とは思えないほどの妖艶さと貪欲さを身に纏った一人の雌。 どのように責めれば彼女の本質を曝け出せるのか…知りたいですか?仕方ないですね… 彼女自身からヒアリングをした、過去最高に乱れた経験を今から貴方と彼女と照らし合わせてみせましょう…ご自身の拙いテクニックなど脱ぎ捨て、今から貴方は彼女の名トレーナーになるのです。 彼女を破廉恥な雌に変えるのは…ここからの文章を正確に把握した貴方しかいません…さぁいきますよ ○まるで…メリーゴーランドのような ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ まいは椅子に腰を落とし、その細い指を花弁へと伸ばした… 男「両脚を肘掛に掛け、M字の状態でしっかり広げて私に見せなさい。 しっかり見てて上げよう。オナニーをするなり妄想するなり、どんな手を使ってもいい!すぐに濡らしなさい…そうだなあ…3分あげましょう。3分以内にこの部屋に充満するような甘い香りを、その汚い花弁から匂わせなさい…3分以内に下着にシミが浮き出てこなければ…わかってるな?」 まい「は、はい…わかってます」 なぜ、このようなことになってしまったのか…初めて会った時は清潔感があり、物腰も柔らかな紳士だと思っていたのに、ホテルに入るなりまるで人が変わったかのような豹変ぶり。 かといって暴力的なことは一切せず、身体を抱き寄せ、私の身体を包み込む時は、まるで壊れやすいガラスを優しく包むように丁寧なタッチをしてくれる…それでいて言葉遣いは荒々しさと凶暴性が先立ち、そのガサツな言葉遣いと紳士的な優しいペッティングとのギャップに阻まれ、私は彼のいうことを聞くしかできなかった。 ただ、このような経験は過去を思い返してもなく、まるで恫喝されているような、今の状況ではなかなか濡れてこない。 男「1分経過…」 彼がチラッと腕時計に目をやり、ポツリと経過時間を告げる… まい「(あああ…濡れて…お願い、私の花弁…彼を喜ばせるくらい、甘い蜜を放出して頂戴…)」 指2本を、いつものようにまだ勃起もせぬクリトリスに擦り付けるものの、彼の目線とこのような特殊な空間では先端の突起物もいつものように嬉々として勃起することはなく、今はただただ ヒリヒリするばかりで…少しも濡れてこなかった。 男「2分経過…まだか?急ぎなさい」 私が真性のM女であれば…この虐げられたこの状況で下着にベットリと愛液を滲ませるのだろうが…私にはもとよりそういう趣向のない。。『今』は至ってノーマルな女でしかない。気持ちが焦る…恥ずかしさなど気にしている暇はない、男の瞳にまいが一心不乱に胸を揉み、先端と花弁をまさぐっているにも関わらず、なぜか今日に限って乳首さえ勃起しない… まい「(どうして!いつもなら物の数分で指にはいやらしい液が付き、3分もあれば私を絶頂に導いてくれるはずの身体が今日に限って反応しないの!?なんで…)」 男「3分…時間だ。さて…確認させてもらおうか」 男がおもむろにまいの股間に顔を近づけた…しかし、確かめるまでもない…あれだけ大胆な行為に励んだにも関わらず、まいの下着はじっとりと湿り気はあるものの、下着にはシミひとつ浮かんでいなかった。 男「なんだ…これは?」 男がまいの股間から冷めた視線で見上げながら冷たく言い放つ…しかし、その発言とは裏腹に真綿を触るような優しい指先で、まいの身体の舐め回しながら、顔はまいの花弁により近づきクンクンと鼻をならしながら匂いのチェックをし始める。 男「まるで…濡れていない…甘い蜜の味なんて皆無じゃないか!?」 まい「あああ…申し訳ありません!?」 突然の男の豹変の身体の芯がビクっ!と稲妻に打たれたような感覚が走る…そして…おかしい、なんだろうこの感覚…恥ずかしいはずなのに… 男はその脅迫ともとれるような強い口調とは裏腹に、まいの身体を触れる強さは優しさに包まれるという矛盾を表現していた。 椅子の上でM字開脚をするまいの股間を凝視しながら、罵声にも近い叱責を繰り返しているにも関わらず、両手で常にまいの至る部分を優しく触り続け、フロント部分にあたる 首→腕→脇→お腹→太もも→鼠径部→胸とまるで皮膚1枚だけをその指先で滑るように優しく愛撫していくのである。 当然まいの混乱は止まらない…口では暴言にも近い言葉を並べるこの男の、相反する指先から伝わる優しさ…この男の本質がわからない…混乱するまいを尻目に男に指先はついにまいの乳房に到達する…しかし男は一向にまいの乳首には手を出さず、寸前のところでまた他の部位をまさぐり、まいを『焦らす』のであった。。 男「まだ…触らないよ…お仕置きをしなければいけないからね」 男はガチャガチャとベルトを外しながら上質のズボンを手荒く脱ぎ捨てる。 天高く反り立った荒れ狂う男の息子…頂点は淫らなシミを浮かべていた…男は言う 男「少しでも私が気持ちいいと感じたらお前の芽吹いたばかりの秘核を責めてやろう」 男の執拗な攻めと優しいタッチにより、あれだけ自分で触っていても反応しなかった身体は大きな変化を遂げていた。 まだ乳首を触られた訳でもない…先端なんて一度も触られたこともなく、秘密の花園に関して凝視しかされていない…のに…今自分の身体は脳とは切り離されている可能ような反応を示していた。 私が自分を慰めるときは花園と先端を同時に責めるやり方…むしろこの方法こそが自分を絶頂に誘う最速の手段だったはず…なのに、目の前の男はその部位には一切触らず私の秘密の花園かた大量の嬉し汁を放出させている…もしこの状態で ・乳首を触られたら ・優しい指先で…先端をイジられたら ・花園を…乱されたら どうなるかわからない…どうなるか知りたい…私のか身体がどうなるのか…知りたい!? まいは本能の赴くまま荒れ狂う男の息子を貪っていた…  ~中 略~ 以上、過去最高に思い出を官能小説風にまとめようとしましたが…時間がかかりすぎる!僕の精神力と仕事量が増えすぎるのでこれにて終了!? 続きが気になる方はぜひとも彼女と遊んでほしい…ただ、この官能小説風に毒されすぎないように女性に対しては非常に優しく接することを強くお勧めす津。 内容に関してはある程度事実にそりつつ記載をしているので…  ・壊れやすガラス細工をいじるような優しい愛撫  ・指の腹を使い全身を舐め回すようにフェザータッチ   (背中→腰→太もも→ふくらはぎ→首→胸→お腹→鼠径部→乳房→先端の花がおすすめ) ちなみに… 男の指先がまいの乳房に触れ、男の顔がまいの秘密の花園に再度到着する頃には、最初はあれほどまで砂漠のようだったはずの景色に1滴も湧き出なかった雫が…トロトロっとピンクの井戸の奥から湧き上がり、防波堤を壊す勢いで辺りを進水していた。 男の指がクリクリと乳首を転がす。 まい「ああっ!!いや…!?…ああああん…いやん…ああう…」 これまでに感じたことの無いような強い快楽のシグナルが身体全体に行き届き、まるで自分の身体のようじゃないかのように次々と快楽の波が身体全体を支配…いや、今は完全の脳まで気持ちよくなっている… 男「そんなにイヤならやめようか?」 まい「あああ!…イヤです…止めないで!もっと!もっと感じさせて!?」 そこには清楚に見えたまいの面影はなく、今はただただ快楽の坩堝に落ちた…ただの雌。。。いいようの無い快楽が全身を包んなか…きた… まい「あああああぁ!!イキそうです!?いつもよりすごい何かが来てます」 男「そうか…やめようか?」 まい「止めないで!!!そのまま続けて!!私をイカせて!!お願い!!」 その発言を聞き男は更にまいの先端を執拗に攻め立てる…何よりもこの男は非常にまいのポイントを掴んでいた。 まいのウィークポイントは『上下左右優しく舐めること』、激しく攻め立てる下遣いや、先端を守る布をはぎとり、無理やりに攻める行為を急激にビッグウェーブを引かせてしまうのだが、何も言わずにこの男は相変わらずまいの全身を優しく愛撫をしながら、舌全体を駆使し、まるでソフトクリームを舐めるだけで食べるかのように、まいを頂に導いていく… まい「あああ!!!い、逝きそうです!!!」 まい「もう私!!逝っていい?逝っていいですか!?」 まい「あああああ!!!!!!」 その瞬間…まいは過去に感じたことが無いような深いオーガズムを迎えた…脳内にも嬉し汁が巻き散らかされたような感覚に陥り、秘密の花園が自分の身体とは思えないほど痙攣を繰り返し、ビクっビクっと跳ねる身体から熱い嬉し液が飛び散る。 そして目の前が白い空間に包まれ、まるで身体が雲の上に乗っているかのような高揚感を覚え…そしてまいは…堕ちた 〇僕の制作能力限界突破 ━━━━━━━━━━━━ …限界!!?僕の表現力の限界が来ました!これ以上はまじで無理です(byイッシー) 今後、官能小説風プロフィール…断ります!? 最後に…  ・ルックスは清楚系ルックスとしては業界屈指  ・美しい肌質にメリハリの利いたボディ  ・優しく触れると反応する身体   (フェザータッチでの攻めはマジでおすすめ)  ・絶頂を迎える際の大声は必聴! この美しい女性がこの文章にように激しく乱れる姿…それだけでも勃起ものかも知れませんが、ぜひ『現実』で体験をしてください。

Schedule

  • 10/25(月)

    未定

  • 10/26(火)

    13:00 - 22:00

  • 10/27(水)

    未定

  • 10/28(木)

    13:00 - 22:00

  • 10/29(金)

    未定

  • 10/30(土)

    13:00 - 22:00

  • 10/31(日)

    未定

  • 11/1(月)

    未定

twitter